紫外線

紫外線における肌の劣化を防ぎましょう

紫外線における肌の劣化を防ぎましょう

(公開: 2017年5月27日 (土)

美肌においてはバランスのいい食事と規則正しい時間の早寝早起きの生活習慣を守ることが大切です。
20代前半までは努力をしなくても美肌でいられました。

25を超えた後になるとだんだんとお肌のきめが落ち、スキンケアが必要になってきます。
美肌においての基礎はしっかりとスキンケアとマッサージをすることになります。

そして必要になるのは日焼けをしないことです。肌の奥にはメラニンと呼ばれる色素があります。
日に焼くことによって表面における水分が抜けてメラニンが浮き出てきます。

それがしみです。
中にあったものが外に押し出されることによって、だんだんとくぼみが肌の表面上にできてきます。
これがしわです。

日焼けの有害としましては、以下になります。

・しみ、そばかす、しわを作る。
・日焼けで体が赤くなり、皮がむけてしまう肌のやけどが起きてしまう
・紫外線アレルギーを起こしてしまう(主に肌が赤くなってかゆみや湿疹を起こす)
・肌が傷む原因はこちら(http://www.duchyoriginals.jp/archives/28

ですが、外に全く出ない生活を送ることは不可能です。
人間としては少しでも日光を浴びないと体内の栄養成分がめぐらなくなるので、紫外線が少ない朝に木陰での日光浴をしましょう。

木陰がない場合は日傘を持ち歩いて外を散歩することでも可能です。
またサマーレジャーこと、海水浴やキャンプは特に危険とされていますが、一人で行くことがない場所なので断れませんよね。

そんな場合は日焼け止めを塗りましょう。
日焼け止めなどはまったく焼けないわけではありませんが、気休め程度になります。
塗ることによっては肌に炎症を起こさないため、帰宅後にはしっかりとシャワーで洗い流してちゃんとケアをしましょう。

ケアをすることによって被害は最小限となります。
お肌をきれいに保つことには日々のケアをしっかりとしましょう。